借金返済 ストレス

もう限界です。。。

 

やっと、借金返済のストレスから解放されました!

 

 

あ・・・別に借金がなくなったわけではありません(汗

 

 

私は、リボ払い、キャシングで毎月27万円を支払ってきましたが、
もう限界でした。

 

 

督促状も届くようになり、
心身共に疲れきっていました。

 

 

督促状とは、かんたんに説明すると、
「はよ金返せや〜」という内容の書類のことです。

 

 

で、借金を返済しないと、
財産差し押さえるからね!という内容の書面。

 

 

返済できる金があるなら、
即日返済するのですけどね。

 

 

もう、お金なんてありません。

 

 

でも、財産を差し押さえられるのは、
非常に困ります。

 

 

家や車がなくなるので(^^;

 

 

 

そして、ネット検索サービスで見つけた司法書士事務所。

 

 

もう、ここにかけるしかないと思い、
即日、個人再生をすることに決めました。

 

 

もちろん、お支払いする費用も全くありません。

 

 

でも、大丈夫なんです!

 

 

私の場合は、債務整理の「個人再生」を利用することになり
裁判所に認められたら、晴れて個人再生が適用されます。

 

 

かんたんに説明すると、個人再生を適用するまで半年近くあるので、
その間、これまでの借金は、全て支払をしなくてよくなります。

 

 

下記図にもある「受任通知書」を借り入れしている業者に送付するからです。

 

 

 

この効力は強力で、
もし従わなければ業務停止命令が下るという法律で決められたものなのです。

 

 

司法書さんに言われた一言は、
今でも忘れません。

 

 

「もう明日から1円も返済しなくていいからね!安心してください!」

 

 

借金返済のストレスで、
どうにかなりそうな時間を過ごしてきたので

 

 

司法書士さんからこの言葉を聞いたときは、
本当にホッとし肩の力が抜けた感じがしました。

 

 

まだ借金問題が解決したわけでもないのに
こんな気持ちになったのは、
久しぶりのような気がしました。

 

 

やっぱり“借金を毎月返済する“ということが、
精神的なプレッシャーになっていて
毎日そして何年も心にのしかかっていたのだと気が付きました。

 

 

余裕を持って計画的に返済できる借金であれば、
全く問題なかったと思います。

 

 

それは、私の弱さですね。

 

 

何とかなるだろう・・・と思っていましたが、
リボ払い、銀行ローン、キャッシング、
そして消費者金融という借金から抜け出せなくなる流れに
巻き込まれていきました。

 

 

悪いのは私です。

 

 

ただ、このような状態になる人が
年間数百万人という規模で増え続けているのも現状です。

 

 

そして、あなただけではありません。

 

 

ふと、きっとあなたの近くにいる人も
借金で苦しんでいる可能性が非常に高い時代なのです。

 

 

私は、「自分だけは違う!」

 

 

そう思っていましたが、
結局は私も債務整理にお世話になることになりました。

 

 

でも、債務整理は決して悪いこととは思いません。

 

 

他の人から見たら、最低な人なのかもしれませんが、
実際に借金地獄に落ちた私からしてみたら、
天国から降りてきた「蜘蛛の糸」のような存在です。

 

 

一筋の光が見えたのですから、決して見失いません!
もし、見失ってしまうと、家族に迷惑がかかるからです。

 

 

だから、これから先、
どんなに苦しくても屈することなく生きていきます。

 

 

クレジットカードが使えのは凄く痛いです。
ローンが組めないのも同様です。

 

 

それでも私は力強く生きていきたいと思いますし、
5年後くらいでしょうか?

 

 

それくらいでクレジットカードの審査も
ボチボチ通過するようですので、
悲観することはありませんね。

 

 

そして、もしあなたが私と同じように借金の返済に苦しんでいるのであれば、
これから先どうするのかを、今、考えてみてはどうでしょうか?

 

 

借金からは、絶対に逃げられません。
もし、借金を支払わずにそのままにしておくと、

 

 

財産だけでなく、給与差し押さえ、
そして親族にまで迷惑がかかります。

 

 

逃げたい気持ち分かります。

 

 

借金から目を背けたい気持ち、
よく分かります。

 

 

借金の事を考えると、
もう何も手につかなくなるのも分かります。

 

 

生活のすべてが借金に支配されているから、
精神が疲れきているのも分かります。

 

 

そんな生活から抜け出せるのかと思うと、
司法書士事務所から出て、
家に帰る足取りは軽かったです!

 

 

まだ何も解決していませんが(汗

 

 

でも、司法書士の方が力強く私を助けてくれる意思表示をしてくれたので、
とても嬉しかったし、

 

 

借金の苦しみを、
ちゃんと理解してくれたのが大きかったのかもしれません。

 

 

借金の苦しみなんて、
だれにも相談できなくないですか?

 

 

借金って、
なんか悪いイメージしかないじゃないですか。

 

 

みんな借金しているはずなのに、
なんとなく負のイメージありますよね。

 

 

どうしてでしょうね?

 

 

お金って、
結局、悪いイメージなんでしょうね。

 

 

原因は私ですが、結局のところ、
お金に振り回されていることに気が付きました。

 

 

よく言われるとうに、「使い方」だと思います。
使い方によって、良くも悪くもなるということですね。

 

 

ただ、いまの借金システムがある限り、
これからもどんどん私のように借金に苦しむ人が増えて、
個人再生や任意整理をする人が増えることが予想されます。

 

 

ただシステムが悪いということを言っても解決にはならないので、
今起きていることを解決するには、どうすればよいだろうか?

 

 

過去は過ぎたことで、これらから先をどうするか?
ということに注力するようにしました。

 

 

そして、私と同じように苦しんいるあなたにも、
私の経験が生かされればと思っています。

キャッシュカードを切り刻む!

 

司法書士事務所に行ったときに、
借金しているキャッシュカードを持っていき、
全て切り刻む作業をしました。

 

 

もう、利用することは無いからですね。
ひとつの儀式みたいなものでしょうか。

 

 

キャッシュカードを切り刻むのは、
数年に一度カードの更新で新しいカードが
届いた時ぐらいじゃないですか。

 

 

それを10枚くらいあるカードを一気に切り刻んで、
何となく気持ちがスッキリしました。

 

 

その反面、まだもう使えないのか、、、
という寂しい気持もありました(汗

 

 

そして、使用していないカードが自宅に数枚まだあったので、
帰宅後に切り刻むようにと司法書士の方に説明を受けました。

 

 

そのうちのひとつが、アメックスのカード。

 

 

年会費も高いし、特典を利用することもなかったので、
全く持つ意味のないクレジットカードでしたが、

 

 

なんとなくもったいなく感じましたが、
しぶしぶハサミでカットしました。

 

 

ふ〜う。。。

 

 

やっと、悪夢のリボ払いとも
これで、おさらば♪

 

 

毎月の支払い明細書が届かない幸せ!

 

 

私の場合は、個人再生を申請するので、
支払開始まで6〜8か月の待機期間があります。

 

 

この待機期間は、
1円もお金を支払う必要はありません。

 

 

その代わり、司法書書士に依頼する費用が30万円ほどかかるので、
この金額を分割して毎月支払うことになります。

 

 

私の場合は、月に5万円の6ヵ月で支払いました。

 

 

この期間を「積み立て」といいまして、
裁判所が毎月一定額の積み立てをできる人なのかを
見極める期間でもあります。

 

 

つまり、この期間に積み立てが遅れたりすると、
個人再生の認可が下りないことになります。

 

 

6か月の支払が終わるころには、
裁判所からの認可が下りる時期なので、
そこからが支払開始となります。

 

 

私の場合は、個人再生法の計算に元づくと、
返済額の合計が300万円になります。

 

 

借入額の総額が1500万〜3000万円の人は、
最低弁済額300万円となります。
(※住宅ローンは、含まない金額です)

 

 

1)100万円〜500万円=> 100万円
2)500万円〜1500万円=> 金額の5分の1
3)1500万円〜3000万円=> 300万円
4)3000万円〜5000万円=> 金額の10分の1

 

 

このように決まっています。

 

返済期間は、一般的に3年ですが、
私の場合は5年で返済したかったので、
何とか5年で進めてもらいました。

 

 

つまり、毎月5万円×5年=300万円

 

 

これで、全て完済となります。

 

 

私の借金総額は、2265万円だったので、
それが300万円になったということになります。

 

 

素晴らしい!

 

 

なんとなく希望が見えてきました!

 

 

もちろん、デメリットもありますが、
2265万円という絶望的な借金を考えると、
返すことが可能な現実的な金額になりました。

 

 

だって、毎月27万円近くを支払っていたのですから(^^;

 

 

ただ、自転車操業で借りては返しての連続でしたけどね。。。

 

実は、いろいろと大変なのはこれからでした。

 

 

>>>7話につづく。。。

page top